Dr.が薦める自立健康のススメ

“人間の体はもともと菌だらけってホント?”の巻

人間の腸内にはなんと百兆個の微生物が!

体の中にある菌で、体にいい「善玉菌」として皆さんにおなじみなのは、おなかの調子を整えることで有名な、ワタクシ、乳酸菌ですよね。他にも、おなかの中にはいろんな種類の菌が住んでいて500種類とも1000種類とも言われています。個数にすると、なんと百兆個!これって体の細胞の数より多いんです。体重60kgの人だと、だいたい1kgもの重さになるそうですよ。

口の中やお肌の上でも常在菌は大活躍!

 菌が住み着いている場所は、おなかの中だけではありません。たとえば口や鼻の中にもいます。「善玉菌」がしっかり働いていると、虫歯や歯周病を起こす原因菌が寄りつかなくなり、体に悪いものが入って来にくくなるわけです。  さらには皮膚の上にもいろんな菌がいます。「善玉菌」が優勢な状態が保たれていると、カビの一種である水虫や、悪い細菌から守るバリアになってくれるんです。よく「お肌の抵抗力」なんて言いますが、つまりそれは肌にいる常在菌が正常に活動しているからなんですね。体臭を気にしすぎたり、きれい好きがこうじて、お肌を洗いすぎる人がいますが、皮膚にいる「善玉菌」まで落としてしまうから、これは逆効果。お肌の抵抗力がなくなっちゃうこともあるから注意してくださいね。

菌の種類を大まかにわかると・・・

ところで、体に住み着いている常在菌には「善玉菌」「悪玉菌」のほかに、「日和見(ひよりみ)菌」といって、その時々で勢力の強い菌に味方する、その名の通りどっちつかずの菌もいます。健康な人の腸内では、「善玉菌」が2割、「悪玉菌」が1割、そして残りの7割が「日和見菌」。しかし、加齢やストレス、疲労、生活リズムの乱れや、偏った栄養などによってこのバランスが保てなくなると、バランスが崩れ、体のあちこちにトラブルを引き起こします。

新登場!お試しパウチ10ml×10包!詳細はこちら